パチンコのハンドルのストップボタンの活用は効果的

パチンコの演出を楽しみたいのであれば、打ち方にそこまで気を配る必要はありません。しかし、負けを減らして勝ちたい気持ちがある場合は、無駄を減らすことが大切です。パチンコで遊技をする中で無駄になる可能性が高いのは、保留玉が満タン状態にもかかわらず、玉を弾いてしまうことです。パチンコ台の保留玉は基本的に4つとなっています。8つの機種も存在していますが、4つが主流となっています。

既に保留玉が4つ点灯している状況でさらにヘソに玉を入賞させたとしても、保留玉は満タンの状態なので意味はありません。無駄な玉の打ち出しが多くなってしまうと、それだけ多く投資していたり、換金できる出玉が減ったりなどの状況になります。ですから、保留玉が満タン状態の際は打ち出しを止める心掛けが求められます。ハンドルから手を離せば出玉の打ち出しは止めることが可能です。また、ハンドルの左側にはストップボタンが搭載されています。ハンドルを右手で握った際、親指で押せる部分にストップボタンがあるので、打ち出しを止めたい時に活用することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です