試し打ちは回転率を判断する上で重要な作業

パチンコはヘソに入賞した玉が大当たりの抽選を受けます。大当たりとなれば出玉を獲得できますし、外れとなれば次に入賞した玉の抽選が行われます。つまり、ヘソに入賞させる玉が多ければ抽選を受けられる回数も多くなるため、大当たりを引き当てる可能性は高くなります。ですから、パチンコで勝ちたい時は回転率の良い台を選ぶのがポイントです。パチンコの回転率は釘の状態によって変わるため、台選びにおいて釘を見る作業は収支に直結します。そのため、釘を入念にチェックした上で台を選ぶことになりますが、実際に遊技してみなければわからないことは多いです。

たとえば、良い釘の調整に見える台で遊技をした結果、予想を下回る回転数だったという状況はあり得ます。逆に、釘の見た限りでは回転率に期待できなかったとしても、遊技してみると予想以上に回る台だったという状況もあり得ます。ですから、パチンコでは試し打ちはとても重要な作業と言えます。しかし、試し打ちをするには玉を借りる必要があるため、お金がかかります。ある程度台を絞って試し打ちを実施することで、無駄打ちを防ぐことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です